「書く女」公演情報
10/2(月)-15(日)
世田谷パブリックシアター【東京都】

10/21(土)
シアター・ドラマシティ【大阪府】

10/25(水)
名鉄ホール【愛知県】

10/27(金)、28(土)
杜のホールはしもと【神奈川県】

11/3(金・祝)
びわ湖ホール 中ホール【滋賀県】

11/8(水)
静岡市民文化会館中ホール【静岡県】


11月5日(日) 高松公演


サンポートホール高松大ホールのロビーからの眺めです。
右手に屋島、義経さんで有名です。快晴の三連休も終わる日曜日。
ヨットが出ているのもそのせいでしょうか?それとも日常的な眺めなんでしょうか。
瀬戸内海の港・高松での公演日です。

それにしても天気に恵まれている今回の公演。まだ一度も雨に降られていません。
せっかく今日という日を選び、前々からチケットを買い求め、開演時間にあわせてやって来てくださるお客さんのことを考えると、お天気はいいにこしたことはありません。
でもこんな港の側にいながら。この天気をよそに劇場に入ってしまうのもちょっともったいない気もしますが・・・。

劇場は今回の公演地の中で一番大きく、客席数も多いです。
楽屋のエリアも広い。図面で見ると実感できませんでしたが
とにかくちょっと何かするにも移動距離が長いんです。
男性キャストは舞台へも衣装部屋へも遠くて申し訳なかった。

公演は無事終了。飛行機で帰京するキャスト陣が迎えのバスに乗り込み思わず歓声をあげました。
車内の後方がテーブルを囲む形になっていて、シャンデリアがついて軽くゴージャス気分です。
既にカバンをバスの荷物入れに預けていた小澤さんが再びカバンを引っ張り出して何をしているのかと思ったら、UNOを片手に戻ってきました.
スゴイ,持ち歩いてたんですね.
高松空港への道のりは,さぞ楽しかったことでしょう.

高松公演を持って、この座組を離れてしまう衣裳・近藤さんのお別れ会をしました。スタッフは高松にもう一泊して帰京なので。
ついでにお誕生日会も兼ねました。スタッフは11月生まれが多いのです。


近藤さんと1日生まれの衣裳チーフ・矢作さん。


座組最年少の演出部・旬作さん。


床山の土瀬戸さん。サービス精神旺盛。

あ、照明チーフ・吉田さんを撮るのを忘れてしまった。
そんなこんなで高松の最後の夜は更けて行ったのでした。

ハヤフネ

2006-11-06 22:52 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。