「書く女」公演情報
10/2(月)-15(日)
世田谷パブリックシアター【東京都】

10/21(土)
シアター・ドラマシティ【大阪府】

10/25(水)
名鉄ホール【愛知県】

10/27(金)、28(土)
杜のホールはしもと【神奈川県】

11/3(金・祝)
びわ湖ホール 中ホール【滋賀県】

11/8(水)
静岡市民文化会館中ホール【静岡県】


10月24日(火) 異界への搬入

名古屋にやってまいりました。

名鉄ホールは名鉄デパート内に入っている客席数922席の中劇場です。

名鉄デパートと共に歩んで来たホールは内装がレトロですが、非常に観やすい劇場です。そして裏がすごい。

私の写真でこの迫力をどこまでお伝えできるか分かりませんが、この道ウン十年の我らが舞台監督・三上さんに、「見たことがない」と言わしめた搬入口はとにかくすごい。面白い。

まず、劇場裏手とはすなわちデパート裏手です。出入りも激しく、物も多いデパートの裏は『千と千尋の神隠し』に出てくる、あの湯屋を思わせます。我々のトラックも巨大なデパートに日々出入りする他の車両とかち合わぬよう、決められた時間内で入ってこなければなりません。6階にあるトラックをつける場所までやってくるまで、我々はまずこんな感じで黄昏れて待ちます。

降ろされた荷物は箱に入っているものは大きいエレベーターで8階の舞台裏まで運びますが、エレベーターに入らない大きさのもの(セットを構成する大きなパーツ)は、まず7階のだだっぴろい屋根のようなスペースに上げられ、そこに置かれた台の上にのった数人のスタッフの手で、さらに8階の舞台裏のシャッターを開けて待つ人々の手に渡され、そこからさらに9階の舞台上まで続くスロープで上げていく。そこでももちろん人力です。

搬入の一番忙しいときに、シャッターをきるなんてマネは怖くて出来ないので、下のスロープの写真はきわめて平和な状態を撮ったものです。

この構造は携帯写真ではとらえきれませんが、旅からのメンバー・菅野さんはとらえられました。菅野さんはなぜか自主的に写真に納まってくれました。手に持っているのはおそらく、道具帳? 意味が分かりません。でもなんか面白い人です。ハヤフネは日々菅野さんの発言にはまりつつあります。

2006-10-25 10:20 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。