「書く女」公演情報
10/2(月)-15(日)
世田谷パブリックシアター【東京都】

10/21(土)
シアター・ドラマシティ【大阪府】

10/25(水)
名鉄ホール【愛知県】

10/27(金)、28(土)
杜のホールはしもと【神奈川県】

11/3(金・祝)
びわ湖ホール 中ホール【滋賀県】

11/8(水)
静岡市民文化会館中ホール【静岡県】


なんとまあ、長い間更新を怠ったことでしょう。
お恥ずかしい限りです。申し訳ありません・・・。

二兎社公演『書く女』は、東京公演を終えてから一月半の全国公演を山口で完結させました。
東京公演・地方公演併せて39ステージ。
かつて明治の時代を生きた実在の人物たちが、この二ヶ月間舞台に登場したのです。
山口の2ステージ目の大楽は11月23日。
地方公演のブログを始める時にも書きましたが、樋口一葉さんの命日でした。


思い起こせば11月21日。
宮城から山口への大移動の日。
仙台空港で萌ちゃんとソフトクリームを食べていると、ソフトクリーム人口がだんだんと増えていきました。
この日8時間近くかけて山口入りし、湯田温泉に疲れを取ってもらいました。

ここは中原中也の生誕地だそうで、記念館もあるし、高田公園には詩碑もありました。
「あゝ おまへはなにをして来たのだと……吹き来る風が私に云ふ」(『帰郷』より)
温泉施設のガラス窓にもこの詩が書いてあって、旅人の身にも染みました。
個人的には井上馨の像にしびれました。

11月22日。

山口の劇場には何故かクンクンという犬がいて、みんなの人気を集めていました。なんだか久々に人間以外の生き物に触れた気がして、私も癒されました。

11月23日、大楽。
何を書いていいのやら。
みんなとても普通に昼公演を迎えました。
モニターを見ながら、これでもうこのお芝居とお別れなんだな、と思いましたが実感は沸きませんでした。舞台の芝居は、その日その場所にしか存在しないものです。だから面白い。同じ演目でも、昨日の芝居と今日の芝居は違う。私がモニターを通して聞いていた39通りの『書く女』が、幕を閉じました。

そして打ち上げ。

ホテルの宴会場で祝杯を上げました。
スタッフ・キャスト入り乱れ、呑んで食い、永井さんから大入り袋を渡されました。
次に大入りをもらう人を、ヒントを出して皆で推理して渡すのですが、このやり方がなかなか浸透せず、アシストをした私はハラハラしました。
そしてそして、夜は更け・・・
翌日は皆で帰京。羽田で解散となりました。

ご来場いただいた皆様、応援してくださった方々、二兎社に参加してくださったスタッフ・キャストの方々、本当にありがとうございました。
アンケートにご協力いただいた方々も、メッセージをありがとうございます。
そして劇中に登場したすべての人物に改めて敬愛を。
彼らが生きた時代に敬意を。
そしてブログを読んでくださった方々に、厚く御礼申し上げます。
皆様、良いお年を。
二兎社をこれからも宜しくお願い致します。

ハヤフネ

2006-12-01 14:32 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。